So-net無料ブログ作成

【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日夕、政府が国会提出しているものの、民主党内から異論がある高速道路上限制度の関連法案について、「前原(誠司国土交通)大臣の考え方をベースに当然、議論をされるべきだと思っている」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【仙谷氏の同日選発言】

 −−仙谷由人国家戦略担当相が日曜日放送のテレビ番組で、首相の退陣と衆参同日選挙の可能性に言及した。平野博文官房長官は会見で、「閣僚が首相の専権事項に触れることはあり得ない」と批判しているが、一閣僚が首相の進退や解散に言及したことをどう思うか

 「ま、解散については、私はコメントすることはありません。仙谷大臣から電話、電話ありましてね、『これは自分の本意で話した話ではない。聞かれたから答えただけだ』ということでありました。私からコメントすることはありません」

 【普天間移設】

 −−今日、普天間基地の鹿児島県・徳之島へ移設案を白紙撤回するよう、民主党鹿児島県連の川内博史衆院議員らが申し入れに来た。徳之島案を白紙撤回するか。近日中に政府案として発表するか

 「ま、鹿児島県連から申し入れをいただきました。その申し入れに対しては、『申し入れでありますから、そのことを承った』と申し上げました。まだ、正式な案が決まっているわけではありません。したがって、白紙撤回も何も、まだそういう状況ではないんだよということで、申し上げました」

 −−首相は「腹案がある」と言うが、あと1カ月少々しかない中で、いつ腹案を発表して交渉を開始するのか

 「うん。それに関しては、今、鋭意、努力してます」

 【高速道路新料金】

 −−高速道路の新料金だが、民主党内から異論が出ている。どのようにリーダーシップを発揮して決着するか。明日の政府・民主首脳会議でこの問題を取り上げる方向だそうだが、そうならば、政策決定の政府の一元化に反するのではないか

 「とりあえず、取り上げるかどうか、私はうかがってません。したがって、まだ、この件に関しては、政府の中で、どのような判断をするかということでありますから、私は、前原(誠司国土交通)大臣の考え方をベースに当然、議論をされるべきだと思ってます」

 【普天間移設】

 −−徳之島の話だが、今日、那覇市長が来て、記者団に対し「日本全体で基地の痛みを理解する必要がある。沖縄ならいいでは問題は解決しない」と述べた。受け入れを拒む自治体に沖縄側の不満も募っているともとれる。首相は元来、「基地の負担は国民で分かち合うべき」と言ったが、沖縄とその他の自治体とのジレンマをどう打開するか

 「うん。具体的にというよりも、やはり、国民の皆さんに、ま、QT(党首討論)でも申し上げましたけれども、やはり、沖縄の皆さんが今日まで大変過重な負担の中で苦しまれてきた。それをやはり、国民の皆さん全員で分かち合おうではないか。そのお気持ちを、全国のなかで示していただきたいと。私は今でもそのように思ってます。それを、誠心誠意伝えて参りたいと思います」

 −−今朝の声かけで「徳之島の民意を勉強したい」と述べたが、「勉強する」の意味は? いまだに政府案が見えないなかで、徳之島の住民をはじめ不信が募っているが、不信が募ることより、腹案を表に出さずに交渉することが重要だと考えるか

 「私はやはり、徳之島の皆さんには、正式にまだ申し上げているような状況でない中で、このように不安ばかり募らせてしまったということに関しては、おわびを申し上げなきゃならんと思っています。そのなかで、まだ、政府案として決めている状況ではありません。それを、いずれ国民の皆さんに、お願いをしたい。そのようには考えておりまして、その段階に来たときには、誠心誠意尽くして参りたいと思ってます」

【関連記事】
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か
内閣支持率3割切る 新報道2001調査
前代未聞…与党委員長が高速新料金制に反対
川内氏「反乱」 高速道新料金制にノー
GWのJR予約数、天気と高速で東高西低?

山陰海岸学習館、24日リニューアルオープン 鳥取(産経新聞)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請−みんなの党(時事通信)
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場(産経新聞)
元大和郡山市議、詐欺事件で無罪 奈良地裁「被害者証言に疑い」(産経新聞)
首相動静(4月16日)(時事通信)

銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間−鹿児島県警(時事通信)

 猟銃などの所持許可業務で必要な手続きを怠っていたとして、鹿児島県警は21日、県警加治木署(現姶良署)に勤務していた警察官ら14人を減給などの懲戒処分とし、10人を本部長訓戒などとしたと発表した。
 処分を受けた警察官らは、同署に常駐していた銃砲保安協会の30代の元女性職員に業務を任せていた。元職員は必要な調査をせずに許可証を交付していたとされ、県警は有印公文書偽造、同行使容疑で元職員を立件する方針。
 県警監察課によると、警察官らは1994年から2007年にかけ、許可申請の受理業務や申請者の調査を怠った。元職員も調査せず、許可証の更新や有効期限の改ざんを続けていたという。
 不正が行われていた14年近くの間に、正規の手続きを経ず許可された申請は434件。うち17件は新規の所持許可だったが、県警生活環境課は「調査の結果、所持に問題はなかった」としている。
 長嶋良警務部長の話 業務管理の徹底、再発防止に万全を期したい。 

【関連ニュース】
田辺三菱社長の役職解任=子会社のデータ改ざんで
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴
上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分
田辺三菱製薬を業務停止=子会社が試験データ改ざん-16項目で薬事法違反・厚労省
病院理事長らを書類送検=カルテ改ざん、患者拘束死

【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
韓国の日本料理店で密輸鯨肉販売か 米研究チームが遺伝子解析(産経新聞)
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」(産経新聞)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
<雑記帳>龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)

「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後の記者会見で、米紙ワシントン・ポストが先の核安全保障サミットで「最大の敗者は迷走続きの鳩山由紀夫首相」と論評する記事を掲載したことについて、「一国の首脳に対して、いささか非礼な面があるのではないか」と不快感を示した。
 記事では、オバマ米大統領と約90分間会談した中国の胡錦濤国家主席が「勝者のリストのトップに位置付けられる」とする一方、首相については「慰めとして(大統領に)非公式会談をしてもらった」などと酷評。これに対し、平野長官は「時間の問題ではなくて、いかに機会に接するかという観点から大事な意見交換の場だった。たとえ(非公式会談が)10分であろうが有意義な機会であった」と強調した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)
免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道−東京医歯大など(時事通信)
厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)

ラグビー元日本代表、転落死=帰宅途中、JR鎌倉駅(時事通信)

 神奈川県鎌倉市小町のJR横須賀線鎌倉駅で3日夜、ラグビー元日本代表で東芝社員の渡辺泰憲さん(35)=東京都練馬区=が下り線ホームから転落、津田沼発逗子行き普通電車にはねられ死亡していたことが5日、分かった。
 県警鎌倉署によると、3日午後9時半ごろ、駅員が自分から線路に飛び降りる渡辺さんを目撃したという。遺書などは見つかっていない。渡辺さんはこの日は休日で、職場の上司と会い帰宅する途中だったとみられる。電車の乗客にけがはなかった。
 日本ラグビーフットボール協会によると、渡辺さんは北海道出身。日体大から東芝に進み、主にフランカーとして活躍。日本代表として1999、2003、07年のワールドカップに3大会連続出場し、09年に現役を引退した。 

【関連ニュース】
校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死
オリックスの小瀬選手が転落死=沖縄・宮古島のキャンプ宿舎で
後藤真希さんの母転落死=自宅3階から
9階から高1男子転落死=那覇
JICAボランティアが転落死=カンボジア

春の交通安全運動 交差点は気を付けて(毎日新聞)
マナー悪い観光客“罰金1万円”サル条例 大阪・箕面市(産経新聞)
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書(産経新聞)
アパート火災、2人焼死=90代と50代の親子か−相模原(時事通信)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)

トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)

トヨタ紡織は、ダイハツ工業の箕浦輝幸社長が代表権を持つ会長に就任すると発表した。6月下旬開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

浦西徳一会長は退任する。

箕浦氏は、慶応義塾大商学部卒でトヨタ自動車工業に入社し、トヨタモーターマニュファクチャリングノースアメリカの社長などを経て1998年に取締役、2002年に常務、2003年に専務、2004年にダイハツ工業の副社長、2005年に社長に就任した。66歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ダイハツ、伊奈副社長の社長昇格を正式発表
【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長
日本ビクター、社長を外部から招聘…フロントランナーの伊藤社長
トヨタ紡織 特別編集
ダイハツ工業 特別編集

首相、普天間移設先「現地の了解とりつける」(産経新聞)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
換金目的?偽造収入印紙、自宅から1万枚発見(読売新聞)
大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)
「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)

<和歌山強盗殺人>牧野被告の無期懲役確定へ 上告棄却で(毎日新聞)

 和歌山市で08年、知人女性を絞殺し現金を奪ったとして、強盗殺人罪に問われた無職、牧野健二被告(44)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志(かねつきせいし)裁判長)は29日付で被告側の上告を棄却する決定を出した。無期懲役とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、牧野被告は08年6月25日、借りていた200万円の返済を免れようと考え、和歌山市内のパチンコ店駐車場に止めた車の中で同市のパート従業員、江川行栄さん(当時32歳)の首を右腕で絞めて殺害し、財布から10万5000円を奪った。【伊藤一郎】

<小沢幹事長>「民主党は政権党の認識がまだ甘い」(毎日新聞)
遺族ら169人が少年審判傍聴=制度開始から1年で−最高裁(時事通信)
2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】
役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)
<黒澤明財団>佐賀・伊万里市長が新たな契約表明(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。