So-net無料ブログ作成

刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)

 新潟県村上市の山中で切断された男性の胴体などが見つかった事件で、遺体にあった数カ所の刺し傷が心臓や肺に達していたことが26日、県警村上署捜査本部の司法解剖で分かった。捜査本部は殺人事件と断定、身元の確認を急いでいる。
 捜査本部によると、男性は20〜30歳くらい、身長175〜180センチで中肉。血液型はA型で、身元の特定につながる特徴は見つからなかった。死因は出血性ショックだった。遺棄現場には血痕がなく、別の場所で殺害、切断され車で運ばれたとみられる。 

【関連ニュース】
トランクに運転手遺体=首に傷、車に燃えた跡
自宅で女性死亡=殺人事件で捜査、三男不明
腹刺され70歳男性死亡=自宅の庭先、殺人で捜査
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取
65歳夫婦、刺され死亡=直前口論の男逃走、親類か

警視庁、元朝青龍を聴取…「手あたったかも」(読売新聞)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
社会医療法人、5法人の認定が新たに判明(医療介護CBニュース)
ハーグ条約でアンケート調査=外務省(時事通信)

<東北新幹線>はやぶさ来春投入 八戸−新青森間12月開業(毎日新聞)

 JR東日本は11日、東北新幹線八戸−新青森間(81.8キロ)を12月4日に開業し、11年3月に導入する次世代新幹線「E5系」の列車名を「はやぶさ」に決定したと発表した。 開業時は従来の「はやて」で東京−新青森間を1日15往復し、仙台−新青森間、盛岡−新青森間も各1往復する。東京−新青森間は約40分短縮の3時間20分となる。3月の「はやぶさ」投入でさらに10分短縮され、13年度末には国内最速の時速320キロ運転で3時間5分で結ばれる。

【写真特集】これは格好いいロングノーズだ…E5系の内外装をいろんな角度からみる

 公募した列車名の応募総数は15万372件。社内選考の結果、3129票で7位だった「はやぶさ」が「スピード感にピッタリで親しみやすい」と採用された。応募1位は「はつかり」(8948票)▽2位「はつね」(7184票)▽3位「みちのく」(5904票)だった。

 「はやぶさ」は東京−熊本間を運行し09年3月に廃止されたブルートレインの愛称だった。国内最速の列車名として復活する。

 「はやぶさ」に新設する国内初のファーストクラス「スーパーグリーン車」は、仏語と英語を組み合わせた造語の「グランクラス」と命名した。【斎藤正利】

【関連ニュース】
【写真特集】元祖はブルートレイン 寝台特急「はやぶさ」の貴重なショット満載
【写真特集】顔みたいに見える新800系「つばめ」が民家の軒先に迫る
【写真特集】さようなら、超人気新幹線500系「のぞみ」 惜別の東京駅
【写真特集】新青森駅に入線する試験車両「イーストアイ」など 全国の新幹線図鑑

【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
<雑記帳>JR青森駅をテーマにしたエッセー募集(毎日新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
諏訪大社御柱祭で柱から落下、4人が死傷(読売新聞)
<将棋>1、2局に続き横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。