So-net無料ブログ作成
検索選択

刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)

 新潟県村上市の山中で切断された男性の胴体などが見つかった事件で、遺体にあった数カ所の刺し傷が心臓や肺に達していたことが26日、県警村上署捜査本部の司法解剖で分かった。捜査本部は殺人事件と断定、身元の確認を急いでいる。
 捜査本部によると、男性は20〜30歳くらい、身長175〜180センチで中肉。血液型はA型で、身元の特定につながる特徴は見つからなかった。死因は出血性ショックだった。遺棄現場には血痕がなく、別の場所で殺害、切断され車で運ばれたとみられる。 

【関連ニュース
トランクに運転手遺体=首に傷、車に燃えた跡
自宅で女性死亡=殺人事件で捜査、三男不明
腹刺され70歳男性死亡=自宅の庭先、殺人で捜査
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取
65歳夫婦、刺され死亡=直前口論の男逃走、親類か

警視庁、元朝青龍を聴取…「手あたったかも」(読売新聞)
平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
社会医療法人、5法人の認定が新たに判明(医療介護CBニュース)
ハーグ条約でアンケート調査=外務省(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。